佐賀よかでしょう・

登録者数78万人を誇るYouTuber「佐賀よかでしょう。」が『ついに東京ドーム3つ分の山購入?』と題した動画を投稿し、話題になっている。

「佐賀よかでしょう。」とは、佐賀県で生まれ育った男性6人が、大自然の中、様々なことにチャレンジする企画が人気のYouTuberだ。このチャンネルのほかに、メインチャンネルである「釣りよかでしょう。」があり、その登録者数は159万人を超える。

購入するためのよい山を見つけるため、至る所へ訪れては地主へ直接交渉していたという「佐賀よかでしょう。」だが、ついに理想の山を見つけたことを動画で発表。だがその山は、昨年7月の九州北部豪雨で荒れてしまい、池などが土砂で全て埋まってしまっている状態だという。出会った地主が、メンバーがやりたいと考えていたまったく同じことをやっていたことや、40年もの歳月をかけて地主が作り上げてきた山ということもあり、購入はせず、一緒に再建計画を手伝うことにしたメンバー。「山を買うより、(再建を)手伝う方が楽しいんじゃないか」と地主の夢を手伝う形となったそうだ。

第1弾として、池の再建計画に乗り出したメンバーだったが、池から水を抜こうとした段階で問題が生じた。水を抜く為のパイプや、水が通る通路が全て埋まっており、まずは土砂や草木の撤去作業作業が必要だというのだ。水を抜く係と、草木を抜く係、手分けして作業すること1時間。池周りの草木を取り終え、無事池の水を抜くことに成功。次回の動画では通路の草木を取り、掘り進めていくという。

休憩時間には地主と和気あいあいと話すシーンもあり、和やかに楽しい時間を過ごした「佐賀よかでしょう。」。地主の夢を叶えようとするその姿は、視聴者の心を掴み「若い人達が手を貸して、一緒に夢を叶えようとするなんてとても素敵」「普通に泣きそうになった」「これからが楽しみなプロジェクト!」と応援と感動の声が集まった。これから先の展開が楽しみな山再建プロジェクト、続編を期待したい。

文:sumika

出典:佐賀よかでしょう。

おすすめの記事