りゅーチャンネル

YouTubeチャンネル「【シングルファーザー】りゅーちゃんねる」で、『【突然死私】がシングルファーザーになった日』という動画を投稿したりゅーさん。5月31日に投稿されたこの動画は、再生回数320万回を超え大きな話題を呼んでいる。

りゅーさんとりゅーさんの妻はある夜、風邪をひいてぐずっていた息子を寝かしつけようとしていた。1時間ごとに起きては眠れない息子をあやす、ということを明け方まで続け、最後に奥さんが息子に声を掛けたのは朝6時頃だったという。

朝の7時頃「ドン!」という音で目が覚めたりゅーさんは、隣に妻がいないことに気づく。様子を見にいくとベットの下にうつ伏せになって、動かない妻を発見したという。息はかろうじてしているようだが、すぐに呼吸も止まってしまい「これはまずい」と感じたりゅーさんは隣の義実家から、奥さんの母と看護師である姉を呼び、姉がすぐに心臓マッサージを行ったそうだ。りゅーさんもすぐに救急車を呼んだが、到着したのは20分後だったという。

病院の処置で心臓は動き出したが意識は戻らず、脳へのダメージもあることから、医師は「覚悟して下さい」とりゅーさんに伝えたそうだ。持病もなかった妻が何故急に…とりゅーさんは事態が飲み込めなかったという。その日から2週間、奥さんの心臓は動き続けたものの意識は回復することなく、家族に見守られ最終的には天国へ旅立ってしまった。

その日から2年が経つも、心の傷は癒えず「ほんとに、なんで居ないかなあ……」といまなお苦しむ様子を見せるりゅーさん。動画の最後には「身近な人、大事にしな」と語り「失って初めて、当たり前の日常がどれだけ幸せか気づくから」と続けた。「余命何ヶ月とかだったら、その間に思い出を作れるけど、突然居なくなられたらありがとうもごめんも言えない」と悔やんだ様子を見せる。

この動画を見た視聴者からは共感と励ましのコメントが相次ぎ、「大切な人がそばに居るのは、当たり前と思わないこと」と言うメッセージは多くの人に伝わっている。

文:sumika

出典:【シングルファーザー】りゅーちゃんねる

おすすめの記事