おたひか

チャンネル登録者数47万人を超える人気カップルYouTuberの「おたひかチャンネル」が1月4日、『【ご報告】別居することになりました』と題した動画を投稿。

同棲を解消し、別居することを報告した。

2020年には別居動画で炎上

動画冒頭「この度おたひかは別々に住むことになりました」と報告したふたり。「釣りではありません」というだけに、どうやら本気で別居するようだ。

2020年11月15日に投稿した『【ご報告】別居することになりました。』という動画内でも、おたが別居に踏み切ろうとしているが、ひかるが笑って真剣に取り合ってくれなかったことで炎上。

結果的に同棲しなかったこともあり、この件で2人はあとに謝罪動画を出している。

だが今回の別居はどうやら本気のもよう。「仲が悪くなったわけではありません」と別居の理由は仲違いではないことを説明し、「おたひかとしては何も変わらない」とふたりのなかでは別居するも何も変化はないという。

おたの「自分の力で自立して生活したい」という気持ちを尊重

ではなぜ別居するに至ったのだろうか、その1番の理由を話し始めたおたひか。

「以前も発表したんですけど、おたくんがADHDとかASDという病気で、生活の面で私に頼っちゃってることに対し、罪悪感を感じていた」とひかるは話す。

おたがADHDと診断されたことを発表した『【ご報告】彼氏がADHDとASDの脳の病気と診断されました』と題した動画では、男性平均の脳波と明らかに違うおたの状態を公開していたふたり。

今まで一度も一人暮らしを経験してなかったおたが「自分の力で自立して生活したい」と思い、別居を決意したそうだ。

ひかる本人は「迷惑だと思ったことはない」「だけど、おたくんが悩むなら、やってみたらいいと思う」とおたの考えを尊重したという。

ひかるはすでに新しい家を決め、引っ越し済みということもあり「別居というよりは、ひかるの部屋が一個増えた」と和やかな雰囲気で話すふたり。

おたが引き続き今までの家に住むということだが、動画などの活動も今まで通り同棲していた家で行うという。

「何も変わりません」と終始強調したおたひか。これからも住む場所は分かれるものの、ふたりの変わらない姿が見られるだろう。今後の活動も楽しみにしたい。

文:sumika

関連記事
おたひか・おた、ADHDとASDと診断うける「ちょっとでも勇気になれば」と公表

出典:おたひかチャンネル

おすすめの記事